引っ越しの6月の相場を見るなら一括見積もりで!

引っ越しを6月にするときは一括見積もりで相場を調べよう

引っ越しを6月に行うときの相場を調べたいなら、一括見積もりサービスを利用してみてください。

 

複数の引っ越し業者を比較することで、最安値で引っ越しをすることができます。

 

一括見積もりはネットで申し込めるので、お忙しい方はぜひ利用してみてください。

 

 

 

6月といえば梅雨。気を付けなければいけないこと

 

6月といえば梅雨です。

 

引っ越しを6月にする場合、一番気を付けなければならない季節的な要因は、雨に濡れないようにすることです。

 

梱包するときは雨に濡れないように気を付けましょう。

 

作業員の方も気を付けてはくれますが、どうしても荷物が濡れてしまうことがあります。

 

搬入後は、雑巾や乾いたタオルなどで荷物についた水滴をふき取ることが大切です。

 

 

家電製品は特に気を付けなくてはいけません。

 

当然業者もプロですから、しっかり梱包してくれますが、ケーブルの部分などは、事前にビニール袋で覆うなどの保護をしておきましょう。

 

家電全般に言えることですが、段ボールに入れる前に、ビニールの袋の中に入れてから梱包すると安心です。

 

6月の梅雨の時期は雨になることが多いので、細心の注意を払いましょう。

 

 

 

当日に雨が降っている場合にキャンセルはできるの?

 

引っ越し当日に思っていたよりも思っていたよりも雨が降っていた場合、キャンセルすることはできるのか?

 

余程激しい雨や台風などでない限り、基本的にキャンセルはできません。

 

どうしても雨の日は嫌だという場合は、天気予報で当日の天気を確認して、引っ越し当日の2日前までにキャンセルか延期の連絡をしましょう。

 

2日前なら対応してくれることが多いからです。

 

6月の梅雨の時期だと、雨の中引っ越しをすることが多いので、雨はだいたい降るものだと思っておいたほうが良いです。

 

 

 

費用をできるだけ安く抑えるために

 

引っ越し費用はできるだけ安く抑えたいものです。

 

そのためのポイントは、業者に運んでもらう荷物を減らすことです。

 

単純に荷物が多ければその分費用が高くなります。

 

不用品を処分するのはもちろん、買い替えるものも見極めて荷物を減らしましょう。

 

 

 

6月は繁忙期を避けれています

 

料金を抑えるために繁忙期はできるだけ避けたいものです。

 

引っ越しの繁忙期は3月と4月です。

 

この時期は忙しいので料金が高くなります。

 

3月と4月は避けたほうが無難です。

 

でも6月なら繁忙期からずれているので、比較的料金は抑え目で引っ越しができます。